ケアラー事業 第6期地域福祉実践計画 宅配電話帳
  • 栗山町社会福祉協議会
  • 夕張郡栗山町朝日4丁目9-36
    総合福祉センターしゃるる
  • TEL. 0123-72-1322
  • FAX. 0123-72-5121
  • お問い合わせ

令和6年能登半島地震災害義援金 募金箱設置

令和6年1月1日に発生した能登半島地震で、被災された方々を支援するため義援金を募集しています。
皆様の暖かいご支援をお願い申し上げます。

〇栗山町共同募金委員会
 募金箱設置場所 
 ・栗山町総合福祉センター「しゃるる」 1階社会福祉協議会窓口
 ・栗山町いきいき交流プラザ「サンタの笑顔」窓口

 集まった義援金は、北海道共同募金会を通じて、被災県に義援金を送金し、被災者支援に使われます。

2024/01/10




年末年始休業のお知らせ

 栗山町社会福祉協議会は、年末年始について下記のとおりお休みになります。

  休業日:令和5年12月30日(土)〜令和6年1月8日(月)

  令和6年1月9日(火)より業務を開始いたします。
  何卒、ご了承のほどよろしくお願いいたします。


※いきいき交流プラザ『ケアラーズカフェ サンタの笑顔』についても休業期間中は
 お休みになります。
 ケアラー支援活動(訪問・相談)もお休みします。 

他の公共施設等の休業期間は下記、栗山町ホームページよりご覧頂けます。(外部リンク)     https://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/uploaded/attachment/12659.pdf

2023/12/25




全国社会福祉協議会会長表彰伝達式

 令和5年度全国社会福祉協議会会長表彰の伝達式を12月25日、総合福祉センター「しゃるる」において開催しました。
 本表彰は、多年にわたり社会福祉の向上のため、多大な貢献をされている皆さんに全国社会福祉協議会会長が表彰するものです。
 初山会長より、これまでの尽力と社会福祉への貢献に対する感謝をお伝えし、受賞されたお二人に表彰状と記念品が贈られました。

 
 社会福祉法人・福祉施設功労  内田 貴士様  墨谷 巌様

2023/12/25




角田小学校児童会 赤い羽根学校募金

 角田小学校児童会【会長:伊東 優希(ゆき)さん、副会長:田中 舞桜(まお)さん、副会長:鷲尾 篤人(わしお あつと)さん、書記:山田 悠翔(ゆうと)さん、書記:横藤 遥人(はると)さん】より赤い羽根学校募金3,614円を受け取りました。
 いただいた募金は大切に使わせていただきます。
 ご協力ありがとうございました。

2023/12/22




栗高3年生 手作りカレンダープレゼントー松栄町内会ふれあいサロンー

 12月15日、栗山高校(駒井 信和校長)の「生活と福祉」を選択している3年生10名が、松栄町内会のふれあいサロンを訪問し、手作りカレンダーをプレゼント!
 生徒が企画したゲームで交流を深めました。
 サロンを代表して、八木橋義則さんは「素晴らしいカレンダーをありがとうございますカレンダーをカレンダーを毎月めくる時に、あの子はどうしてるかな〜など思い出しながら、楽しんでいます」とお礼の挨拶がありました。

2023/12/18




栗高3年生 手作りカレンダープレゼントー南町内会ふれあいサロンー

 12月12日、栗山高校(駒井 信和校長)の「生活と福祉」を選択している3年生9名が、南町内会のふれあいサロンを訪問し、手作りカレンダーをプレゼント!カレンダーは、栗山高校の3年生で、「生活と福祉」、「書道V」を選択した生徒が協力して作成した物です。
 また、生徒が企画したゲームを通して、交流を深めました。
 訪問した生徒を代表して、川西里奈さんは「カレンダーのテーマの年中行事と日本の風景で、一生懸命作りましたので、部屋に飾っていただけると嬉しいです」と挨拶しました。
 サロンを代表して、中田幸子さんは「一生懸命作られた心のこもったカレンダーをありがとうございます、来年もこの日を迎えられるように健康に気を付けます、皆さんもこのような地域貢献活動を続けてがんばってください」とお礼の挨拶がありました。

2023/12/18




タブレットを使って脳をいきいき交流イベント

 社会福祉協議会と栗山町老人クラブ連合会が連携し、いきいき交流プラザにおいて、タブレットを使った交流イベントを12月12日に開催しました。
 参加された20名で、もぐら叩きゲームや脳トレゲームを2人で1台のタブレットを使い、教え合いながら、和気あいあい盛り上がり、夢中になって楽しい時間を過ごしました。
 タブレットを使った交流イベントは、来年3月まで月1回開催します。
 ぜひ、タブレットを使ったゲームで交流しませんか?
 ご連絡お待ちしております。

交流イベントチラシ(外部リンク)
https://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/uploaded/attachment/12647.pdf

2023/12/12




栗山高校3年生と栗山高校近隣の老人クラブとの交流会

 12月8日、栗山高校(駒井 信和校長)の3年生「生活と福祉」の科目を選択している10名が、栗老連役員と中里長寿会の会員6名を学校へ招待し、交流会を行いました。
 はじめに、生徒が考えたレクリエーション(@究極の選択、A脳トレクイズ、Bシン渡しゲーム)を生徒進行で行い、和気あいあいのなか最初のレクリエーション究極の選択が行われ「○○としたらどっち?A○○、B○○」の2択から選びその理由を答えるゲームで親睦を深めていき、次の脳トレクイズでは文字の穴埋めに挑戦、同じチームの高校生にヒントをもらいながら老人クラブが答え得点を競いました。最後のシン渡しゲームでは、障害物をトイレットペーパーのシンの中に通しながら何個トイレットペーパーのシンを渡すことが出来るか2組に分かれ老人クラブ、高校生が協力し合いながら競いましたが、2回戦共に同点という結果になり、両チーム驚きの歓声を上げながら楽しみました。
 また、来年のカレンダー、「生活と福祉(カレンダーの製本とちぎり絵)」、「書道(ちぎり絵へのコメントと書道を担当)」を選択した生徒が協力して作成したカレンダーが贈られ、生徒からはその月ごとの担当者がカレンダーについて説明いただきました。
 最後に生徒を代表して、川西 里奈さんは「レクリエーションを楽しんでもらって嬉しかったです。みんなで一生懸命作ったカレンダーを飾って使って貰えたら嬉しいです。」と挨拶しました。
 参加者を代表して、栗老連 丸山 紘司会長から「本日は、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。また、毎年楽しみにしておりますカレンダー、今年もぜひ家に飾りたいと思います。生徒の皆さんも楽しい日々を過ごして下さい。」とお礼の挨拶がありました。

2023/12/11




栗山中学校生徒会 赤い羽根学校募金

 栗山中学校 会計主任の2年生尾形 采生(ことは)さんより「みんなで集めた募金を栗山町の福祉に役立ててください」と赤い羽根学校募金13,103円を受け取りました。
 募金活動は、尾形さんとクラスの連絡会計7名、生徒会10名が11月13〜17日の5日間に生徒玄関で行われました。
 当会より募金の使い道として、花いっぱい運動、地域の助け合い(除雪等)の活動などに助成をしていることや福祉に関わる様々な活動に使われいることの説明を行い、感謝を伝えました。

2023/12/07




栗山小学校3年生 手話体験

 12月5日、栗山小学校(小玉剛校長)の3年生(59名)が手話を体験しました。
 講師にくりやま手話の会の村上美佳会長をお招きし、聴覚障害についてお話し、聴覚障がい者のコミュニケーションの方法(手話、筆談、口話など)、手話の体験をしました。
 手話の体験では、挨拶、自己紹介や「さんぽ」の歌をしました。
 体験した山口悠織(ゆうり)さんは「手話は難しかったけど、自己紹介は思ったより上手にできて良かったです」と話し、畠山陽葵(ひまり)さんは「手話を体験したことはあったのですが、さんぽの歌の手話が出来て、楽しかったです」と話しておりました。

2023/12/05




↑ このページの先頭へ

- Topics Board -