宅配電話帳 東日本大震災被災地支援活動 まちなかカフェ事業
  • 栗山町社会福祉協議会
  • 夕張郡栗山町朝日4丁目9-36
    総合福祉センターしゃるる
  • TEL. 0123-72-1322
  • FAX. 0123-72-5121
  • お問い合わせ

栗高生と栗高近隣の老人クラブとの交流会A

 レクリエーションの後「フードデザイン」の科目を選択している20人の生徒と『レーズンとりんごの入った蒸しパン』を一緒に作り、食べながら交流しました。
 また、生徒からは来年のカレンダー<「生活と福祉(カレンダーの製本担当)」を選択した7名、「書道V(季節の絵へのコメント担当)」を選択した8名、「色彩に親しむ(季節の野菜や花の絵担当)」を選択した12名が協力して作成した物>とマットが贈られました。
 参加した田中 久子さん(79歳)は「生徒さんとたくさんお話をさせてもらったのですが、とても素直で、明るくて良い生徒さんだなぁと感心しましたし、楽しかったです」、生徒の上野 舞さんは「お話を上手く出来るか心配でしたが、趣味や将来のことなどたくさん話せて楽しい交流になりました」と嬉しそうに話していました。

2017/12/15




栗高生と栗高近隣の老人クラブとの交流会@

 15日、栗山高校(橋 尚紀校長)の3年生が栗高近隣の老人クラブ「中里長寿会」、「天寿の会」の会員14名を学校に招待し、交流会を行いました。
 この交流会は、社会福祉協議会の学校ボランティア活動普及推進事業として今年で3回目の実施。
 はじめに、「生活と福祉」の科目を選択している7人の生徒が考えたレクリエーション(@名前リレー、A友達の輪、Bボール釣りゲーム)を行いました。
 参加した永井貞子さん(79歳)は「生徒さんがいろんな勉強をされていることに感心しました、また、皆さんと一緒にゲームを通した交流ができてうれしかったし、パワーをもらいました」、レクリエーションの進行を担当した照井悠太さんは「このような進行をするのは、初めてだったので、とても緊張しましたが、私なりに低音でゆっくり話すように工夫をしたところ、聞き取っていただけたようで、良かったです。おじいちゃん、おばあちゃんのたくさんの笑顔が見られ、一緒に時間を共有できて良かったです」と話していました。

2017/12/15




栗山高校3年生 南町内会ふれあいサロン参加者へ手作りカレンダー配付!

 12月12日、栗山高校(橋 尚紀校長)の「生活と福祉」を選択している3年生の法島 芳彦さん、徳田 大夢(ひろむ)さん、根井 琉晟(りゅうせい)さん、平田 侑大(ゆうひ)さん、山口 桃佳さん、伝法 柚希(でんぽう ゆずき)さんの6名が、南町内会のふれあいサロンに訪問し、参加者14名に手作りのカレンダーを配付していただきました。
 カレンダーは、栗山高校の3年生で、「生活と福祉(カレンダーの製本担当)」を選択した7名、「書道V(季節の絵へのコメント担当)」を選択した8名、「色彩に親しむ(季節の野菜や花の絵担当)」を選択した12名が協力して作成した物です。
 また、カレンダーを渡した後、輪投げをしてお互いに応援しながら交流し、最後には握手でお別れしました。
 受け取った参加者の丸山 チエ子さん(79歳)は、「今日は来ていただいて、ありがとうございます。いただいたカレンダーは早速飾らせていただきます」と感想がありました。


※この活動は、平成23年度から7回目
※学校ボランティア活動普及推進事業(社会福祉協議会からの補助金を活用した事業)

2017/12/12




栗山中学校生徒会より 赤い羽根学校募金の受け取り

 12月8日、栗山中学校生徒会より赤い羽根学校募金7,465円を受け取りました。
 生徒会長の2年B組 榎本 透真(とうま)さん、会計主任の2年B組 富山 優理(ゆうり)さんより「募金活動期間(1週間)を決め、各クラスの連絡会計が、通学時間の朝に生徒玄関で全校生徒に募金協力を呼びかけて活動しました。栗山の福祉に役立ててください」と言葉を添えて、募金をいただきました。

2017/12/11




栗山高校3年生 松栄町内会ふれあいサロン参加者へ手作りカレンダー配付!

 12月8日、栗山高校(橋 尚紀校長)の「生活と福祉」を選択している3年生の根井 琉晟(りゅうせい)さん、平田 侑大(ゆうひ)さん、山口 桃佳さん、伝法 柚希(でんぽう ゆずき)さんの4名が、松栄町内会のふれあいサロンに訪問し、参加者24名に手作りのカレンダーを配付していただきました。
 カレンダーは、栗山高校の3年生で、「生活と福祉(カレンダーの製本担当)」を選択した7名、「書道V(季節の絵へのコメント担当)」を選択した8名、「色彩に親しむ(季節の野菜や花の絵担当)」を選択した12名が協力して作成した物です。
 受け取った参加者の秋田 實さん(79歳)は、「去年いただいたカレンダーも飾っています。今回いただいたカレンダーにある学生からのメッセージを読み、来年も頑張る力をもらいました」、廣瀬 千恵子さん(78歳)は、「手作りで、あったかみがあっていい」と感想がありました。
 参加者を代表して、八木橋 義則松栄町内会長から「福祉に関わる勉強をされている学生さんが、昨年に引き続いてプレゼントをいただきまして、ありがとうございます。参加者も学生の皆さんからパワーをもらってます」とお礼の挨拶をいただきました。

 12月12日には、南町内会ふれあいサロンを訪問予定です。

※この活動は、平成23年度から7回目
※学校ボランティア活動普及推進事業(社会福祉協議会からの補助金を活用した事業)

2017/12/08




栗山小学校児童会より 赤い羽根学校募金の受け取り

 本日、栗山小学校児童会より赤い羽根学校募金18,035円を受け取りました。
 児童会長の6年1組 森 梨緒奈(もり りおな)さん、副会長の6年2組 角屋 遼河(かどや りょうが)さん、5年2組 叶内 茜(かなうち あかね)さん、書記の6年1組 山ア さくらさん、5年1組 仁平 りよ(にひら)さんより「募金活動期間(1週間)を決めて、通学時間の朝に生徒玄関で全校生徒に募金協力を呼びかけて活動しました。栗山の福祉に役立ててください」と言葉を添えて、募金をいただきました。

2017/12/07




今、どんなことが話題講演会〜栗山町老人クラブ連合会〜

 本日、栗山町老人クラブ連合会総務研修部会(中原 篤部会長)の事業「今、どんなことが話題講演会」が、カルチャープラザ「Eki」で開催されました。
 今回の講演は、会員の方々の強い要望により、平成25年度にも講演していただいた、広済寺住職 月輪 淳裕師による「自分の辞書〜人生を図太く、賢く、面白く生きる嫌老から賢老へ〜」と題し、約130名の参加者の方々へ8つの心得に自分の体験談を交えながらユーモア溢れる講演で、会場は終始笑いのたえない講演となりました。

2017/11/28




朝日あけぼの会 〜脳の健康教室モデル体験〜

 朝日あけぼの会の参加者49名が、町から社協が受託している脳の健康教室のモデル体験をしていただきました。
 はじめに、音読・計算・すうじ盤の3つの教材が、脳科学の研究により、脳の血流を良くする効果があるので、脳の健康維持に繋がることの説明を受けた後、教材に取り組みました。
 参加者から、すうじ盤が特に楽しかったとの声があり、サンタの笑顔の施設内で使用する場合、無料で使用できるので、お友達をお誘いいただき、足を運んでみてくださいと説明がありました。

2017/11/28




日出連合町内会 ふれあいサロン 〜脳の健康教室モデル体験 通算7回目〜

 日出連合町内会のふれあいサロンの参加者18名が、町から社協が受託している脳の健康教室のモデル地域として、通算7回目の体験をしていただきました。
 参加者は、音読・計算・すうじ盤の3つの教材に取り組みました。

2017/11/22




ガーデンハウスくりやま 職員出前講座(継立) 〜健康寿命を伸ばすための運動セミナー〜

 継立の脳の健康教室 自主サークルは、脳の健康教室の受講者と一般の興味関心のある方が参加して、行われています。
 教材は、社協が提供する音読・計算教材とすうじ盤に取り組んでおります。
 今日は、介護老人保健施設ガーデンハウスくりやまの介護予防運動指導員の池田幸一氏をお招きし、転倒予防の体操と講話が行われました。
 参加者からは、3回目の実施ということもあり「以前も参加して楽しかったので、今回も参加しました。とても良い刺激をもらいました。また、来ていただく時は参加したい」との声がありました。

※毎月第2、第4金曜日の10時から「遊歩道の駅つぎたて」でおこなわれております。

2017/11/22




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

↑ このページの先頭へ

- Topics Board -