宅配電話帳 東日本大震災被災地支援活動 まちなかカフェ事業
  • 栗山町社会福祉協議会
  • 夕張郡栗山町朝日4丁目9-36
    総合福祉センターしゃるる
  • TEL. 0123-72-1322
  • FAX. 0123-72-5121
  • お問い合わせ

花いっぱい運動 ご協力ありがとうございます!

 28日、今年で41回目を迎える「花いっぱい運動」が全町一斉に行われました。
 今年は、81の町内会・自治会・関係団体のご協力をいただき、21,700本の花苗(ペチュニア、マリーゴールド、ブルーサルビア)が植えられました。
 ご協力いただきました皆様、ありがとうございます。

2017/05/28




環境美化の協力(草取りボランティア)

 本日、湯地の中山 邦夫さん・久子さんご夫婦のご協力により、いきいき交流プラザ「サンタの笑顔」施設周辺の草取りが行われました。
 施設周辺の草取りは職員も定期的に行っておりますが、手に負えない状態で、取ってもすぐに生えるの繰り返しで困っておりました。
 お二人にはこれからも定期的に協力していただけることとなり、大変心強く思っております。
 当施設は、町民皆さんのご協力により維持・運営できていると深く実感いたしました。
  
 

2017/05/24




花いっぱい運動準備(花苗区分け、栗肥土袋詰め)

 5月26日、28日開催の花いっぱい運動の準備として、ボランティア連絡協議会(山下 妙子会長)の会員25名により、「栗肥土袋詰め作業」と81の町内会・自治会・関係団体分の「花苗区分け作業」の協力をいただきました。
 区分けと袋詰めされた花苗と栗肥土は27日に受け渡しをし、28日に全町一斉に花植え(21,700本)が行われます。
 ご協力ありがとうございます。

2017/05/27




更生保護女性会 町内の小中学校へ雑巾を寄贈(4回目)

 栗山更生保護女性会(飯尾喜美恵会長)が23日、教育委員会を訪れ、手作りの雑巾160枚を寄贈しました。
 飯尾会長は「会員が手作りで、雑巾を作りました。子どもたちが使っていただけるとありがたいです」と話し、南條宏教育長は「子どもたちにお届けします。今後もご協力いただけるとありがたいです」とお礼を述べていました。
 この活動は、平成26年度から4回目となります。
 雑巾は、教育委員会から町内の小中学校へと配布されます。

2017/05/23




ときわ町内会 音楽療法の出前講座

 5月20日、ときわ町内会において、出前講座を実施し、16名が参加されました。
 講師にNPO法人日本ナラティブ音楽療法協会 音楽心理士、音楽療法士の池下 美智代氏をお招きし「歌や音楽で、楽しい時間を!〜音楽療法を体験〜」というテーマにより音楽療法を実施いたしました。
 ブルーシャトーや学生時代、銀座の恋の物語などの曲が流行った当時を想い出し、歌ったり、楽器を使ってリズムを取るなど体験しました。
 参加者からは「若返った!」、「ついつい踊ってしまった!」、「懐かしかった〜」など感想を話され、楽しい時間となったようでした。

2017/05/20




あこすてハーモニーの伊賀清氏ら 継立ふれあいサロン 出前講座!

 5月18日、継立ふれあいサロン(参加者23名)で出前講座を行いました。
講師には、アコースティックギターとハーモニカを同時演奏する「あこすてハーモニー」の伊賀清氏と琴エスワールド講師の伊賀とも子氏をお招きし、チャンチキおけさ、古城、茶摘み等17曲の演奏・合唱・合奏を楽しみました。
 参加した瀬川千惠子氏(79歳)は、「昔、琴を演奏していたことがあるのですが、ソプラノ琴を初めて聴きました!良い音で最高でした」と話されておりました。

2017/05/18




まちなかカフェかくた 倉島一郎氏の水彩画を展示!

 4月21日、「まちなかカフェかくた」において、倉島一郎氏(81歳 松風2)の水彩画27点が展示されました。
 カフェに来られた方々が、飲物を飲み、お話しをしつつ、水彩画をご覧になられ「素晴らしい絵を描かれていますね」と感嘆の声がありました。
 現在、倉島氏は、まちなかカフェ「サンタの笑顔」で、水彩画を描かれております。

※倉島 一郎氏
 平成8年に全日本美術協会(東京)の全展のおいて、油絵の部の特選を受賞
 元伊達市役所建設部勤務
 平成18年12月に栗山に転居され、現在に至る

※まちなかカフェかくたは、毎週金曜日の13時〜16時にオープンしております。
 コーヒー、紅茶 各100円
 会場:角田農村環境改善センター
 葬儀等特別な事情によりお休みの場合があります。

2017/04/21




栗中生徒会 リングプル・ペットボトルキャップ寄付

 栗山中学校生徒会(佐藤 壱哉会長)の皆さんからリングプルとペットボトルキャップの寄付をいただきました。
 収集活動は、生徒会の役員さんが中心になって、声掛け活動をし、各家庭より集めていただきました。

 いただいたリングプルは車いすに、また、ペットボトルキャップはワクチン等に役立てられ、福祉の力として困っている方々を助ける大きな力となります。
ありがとうございます。

今後もご協力よろしくお願いいたします。

2017/04/19




日常生活自立支援事業 生活支援員研修会並びに情報交換会

 3月21日、いきいき交流プラザにおきまして、日常生活自立支援事業の生活支援員研修会並びに情報交換会を開催しました。
 研修会の講師には、北海道空知総合振興局 保健環境部 社会福祉課 保護第二係 主任 南 秀人氏をお招きし、「生活保護制度について」ご講話いただきました。
 また、情報交換会では、日頃の支援活動について話し合い、振り返りを行いました。

 栗山社協は、認知症や物忘れのある高齢者、知的障がい、精神障がい等により、判断能力が不十分な方が地域で生活される上で、必要な福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理を行う日常生活自立支援事業を北海道社会福祉協議会より一部業務受託し、取り組んでおります。
 生活支援員は、契約者の福祉サービス利用援助や日常的金銭管理を支援する役割を担っております。
 ※現在の契約者 4ケース
  生活支援員の登録者 9名

2017/03/21




日頃の練習の成果を披露!高齢者演芸会の開催

 8日、栗山町老人クラブ連合会(吉田輝雄会長)主催の平成28年度高齢者演芸会が、カルチャープラザ「Eki」でおこなわれました。
 はじめに、多年にわたり単位老人クラブの役員として会の推進・発展に寄与された方々7名に対し吉田会長より表彰状が贈られました。
 その後、49組、約100人の方々が歌、踊り、楽器演奏等日頃の練習の成果を披露されました。

【栗山町老人クラブ連合会表彰受賞者】(単位老人クラブ名)
・畔越 君子 様(緑町新生クラブ)
・村上アキ子 様(   〃   )
・佐藤 三郎 様(   〃   )
・相田  茂 様( 万年クラブ )
・塚本 虎男 様( 朝日さくら )
・上村  惇 様(雨煙別むつみ長生会)
・塚本 昭紀 様( 北学田喜楽会 )   

 

2017/03/08




< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

↑ このページの先頭へ

- Topics Board -