宅配電話帳 東日本大震災被災地支援活動 まちなかカフェ事業
  • 栗山町社会福祉協議会
  • 夕張郡栗山町朝日4丁目9-36
    総合福祉センターしゃるる
  • TEL. 0123-72-1322
  • FAX. 0123-72-5121
  • お問い合わせ

平成31年度 花いっぱい運動の開催!

 今年で43回を迎える「花いっぱい運動」が5月26日(日)に開催いたします。
 皆様のご協力をお願いいたします。

 ↓チラシは下記をクリックすると拡大します!

2019/04/16




栗山小学校児童会が集めたペットボトルキャップ・リングプルを受け取りました(栗山町老人クラブ連合会

 6日、栗山町老人クラブ連合会(吉田 輝雄会長)は、栗山小学校児童会より2月1日〜3月1日まで集めたペットボトルキャップ(約46s)・リングプル(約7s)を受け取りました。
 児童会長の6年1組 村上 桜(むらかみ さくら)さん、副会長の6年2組 石黒 鷲(いしぐろ しゅう)さん、5年1組 中川 愛来(なかがわ あいら)さん、書記の6年2組 福井 里紗(ふくい りさ)さん、5年1組 塚本 夏子(つかもと なつこ)さんより「2月の1ヵ月で集めました。よろしくお願いします。」と言葉を添えていただきました。
 受け取ったペットボトルキャップ・リングプルは選別し、リングプルは規定の重量が集まると車いすに交換され、ペットボトルキャップは業者に買い取っていただき、収益は町内の子ども達の活動等を補助するために使う予定です。
 今後もご協力よろしくお願いいたします。

2019/03/13




平成30年度老人クラブ連合会高齢者演芸会 −車いす寄贈3台目(リングプル収集活動)ー

 5日、栗山町老人クラブ連合会(吉田輝雄会長)主催の平成30年度高齢者演芸会が、カルチャープラザ「Eki」で開催されました。
 演芸会に先立ちヘンケルエイブルスティックジャパン竃k海道工場(下舘英彦工場長)と栗山町老人クラブ連合会より栗山町社会福祉協議会(橘一也会長)へ車いすの贈呈式が行われました。車いすの贈呈は、平成23年、平成27年に続き今回で3台目の贈呈となり社会福祉協議会の無料貸し出し用として使用されます。
 引き続き、多年にわたり単位老人クラブの役員として会の推進・発展にご尽力された方々6名に対し吉田会長より表彰状が贈られました。
 その後、51組約99名の方が歌や舞踊、曲芸、楽器演奏など日頃の練習の成果を披露し観客を魅了しました。

【栗山町老人クラブ連合会表彰受賞者】(単位クラブ名)
・山田 元司 様(松寿会)
・古田 幸男 様(ひまわりクラブ)
・元田  隆 様(中里長寿会)
・吉田 敏男 様(北学田喜楽会)
・伝庄 幹弘 様(角田白寿クラブ)
・谷口 美博 様(日出長正クラブ)

2019/03/07




日出連合町内会 ふれあいサロン 〜脳の健康教室モデル体験 通算8回目〜

 日出連合町内会のふれあいサロンの参加者19名が、町から社協が受託している脳の健康教室のモデル地域として、通算8回目の体験をしていただきました。
 参加者は、音読・計算・すうじ盤の3つの教材に取り組みました。
 教材に取り組んだ後は、大きなサイコロを使ったレクリエーションを楽しみました。

2019/02/27




ボランティア研修会 −講師:ふまねっとゆにー

 2月21日、ボランティア連絡協議会の会員研修会をしゃるるにおいて開催いたしました。
 講師には、NPO法人ふまねっと由仁町支部「ふまねっとゆに」(小仲 弘康会長)の会員8名をお招きし、「ふまねっとで楽しく転ばない体づくり」と題して、ふまねっと運動の効果をお話いただき、その後に運動体験をしました。
 当日は、会員の他に新聞記事を見て来られた一般の方を含め、32名の参加者があり、みんなで笑い、楽しみながら、体験することができました。 

2019/02/26




まちなかカフェde運動教室を実施しました!

 本日21日、いきいき交流プラザで「まちなかカフェde運動教室」を実施し13名が参加。
 
 講師に、株式会社 ファインエイジング 健康運動指導士の長谷川 拡介先生を招き、楽しみながら身体を動かし運動についてご指導いただきました。

 当運動教室は、生活支援体制整備事業の取り組みの一つとして「参加者同士顔の見える関係性を作ることで地域の支え合い活動につなげる」、「一人暮らしや引きこもりがちな方でも気軽に訪れることができる楽しい居場所があることを知ってもらう」ことを学ぶ目的で町福祉課と当協議会の共催で実施いたしました。

 これからも当協議会では、町福祉課と共催で様々な事業を行い、魅力ある居場所づくりをすすめていきます。

 

2019/02/21




介護福祉学校 谷内先生による出前講座  日出ふれあいサロン

 2月13日、日出連合町内会のふれあいサロンに北海道介護福祉学校の谷内克敏先生が出前授業の講師として、お越しいただきました。
 12月にも実施しておりましたが、好評につき今年度2回目の開催となりました。
 谷内先生は、「心も身体もいきいきするレクリエーション」と題して、指導いただきました。
 レクは、頭の体操と身体を動かすこと、ゲームの勝ち負けを楽しむことをテーマとして「旗あげ体操」、「絵合わせジャンケン」、「チラシパズル」、「シーツバレー」などを行いました。
 参加した加藤咲子さん(89歳)は、「座ってできるゲームをしていただいたので、参加できたし、楽しかったです」と話しておりました。

 ※栗山町立北海道介護福祉学校では、出前授業として、介護・病気・認知症・レクリエーションなど
  豊富なメニューを用意して、教員を派遣されております。
  北海道保健福祉部 福祉教育アドバイザー登録済
  問い合せ先 電話:72−6060

2019/02/13




脳の健康教室自主サークル(栗山) メロディフォーの歌と演奏!

 脳の健康教室 自主サークル(栗山)は、社協の出前講座の講師登録している『メロディフォー』に演奏いただきました。

 曲目は、「高原列車は行く」や「青い山脈」、「リンゴの歌」などを披露いただき、一緒に歌ったり、曲にのせた手遊びで皆さんと唄ったり、身体を動かしたりしました。

 『メロディフォー』は社協の出前講座の講師として登録いただいており、高齢者福祉施設、町内会や老人クラブの集まりに訪問し、活動されております。

※脳の健康教室自主サークル
 脳の健康教室の受講者と一般の興味関心のある方が参加して、行われており、教材は、社協が提供する音読・計算教材とすうじ盤に取り組んでおります。

 自主サークルは、毎月第2、第4金曜日の10時から「いきいき交流プラザ」でおこなわれており、興味関心のある方はどなたでも参加できます。

2019/02/08




まちなかカフェ「ふじ団地」でゴスペルライブ開催!!

 7日、まちなかカフェ「ふじ団地」で、栗山地の塩キリスト教会(錦3丁目)の田近 玲欧奈(たぢか れおな)さん、亜紀子さんご夫妻による、バレンタインゴスペルライブを開催しました。
 皆さんにも馴染み深い「アメイジング・グレイス」など、ウクレレの演奏に合わせ素敵な歌声を披露されました。
 その歌声に参加者の方は「楽しかった、昔行っていた日曜学校ことを思い出し懐かしかった」「初めて聞いたけどよかった」と話されていました。
 
※ゴスペルとは、昔、アメリカの黒人奴隷が集まる教会で歌った、新しい曲調の讃美歌です。
 黒人独特のリズムと伝統的な讃美歌を融合させ、聖書の言葉に基づいて神を信じてポジティブに生きていく様子を表現し、仲間同士で思いっきり歌うことで、奴隷としての辛い日々を乗り越えていきました。
 ゴスペルという言葉は、本来「福音(良い知らせ)」という意味で、今は、国籍・肌の色を問わず歌われている、昔ながらの讃美歌以外の「新しい曲調の賛美の歌」を広く現すことが多いです。

2019/02/08




平成30年度 共同募金委員会表彰式 北海道栗山高等学校生徒会へ感謝状

 1月31日、総合福祉センター「しゃるる」において、平成30年度栗山町共同募金委員会(松原 由典会長)の表彰式が行われ、北海道栗山高等学校 生徒会に感謝状が授与されました。

◆平成30年度栗山町共同募金委員会 感謝状受賞者

 ◇北海道栗山高等学校生徒会(中里)様

   生徒会が、町内のスーパー2店舗で街頭募金並びに校内で募金活動を行い、
  多額の学校募金協力に寄与されました

2019/02/01




↑ このページの先頭へ

- Topics Board -